産後ダイエット 鍋

鍋ダイエット方法

総合評価

多めの野菜で健康的

手軽さ

やや簡単

即効性

ややゆっくり

授乳中

多種類の野菜を使おう

鍋ダイエットの効果

鍋

鍋ダイエットとは、その名のとおり鍋を食べてダイエットに励むことですが、「鍋で痩せることができるの?」と戸惑ってしまいますね^^;

 

鍋がダイエットによい理由は、素材や食べ方によりますが、低カロリー且ついろんな野菜を使うことで栄養バランスがよく、健康的にダイエットができるということ。脂肪燃焼に効果が期待できるビタミンが摂れることですね!

 

そして、鍋を食べて体を温めることで新陳代謝がよくなり、美肌や冷え性にもいいそうです。

 

産後は食欲が増える傾向があるので、産後ダイエットにはちょうどいい食事法だと思います。ただし、鍋といってもすき焼きや肉団子が入った寄せ鍋は、カロリーが高いで控えましょう。

 

あと、鍋の〆としてご飯やうどんを入れるのは恒例ですが、炭水化物には糖質が入っているので食べ過ぎずは禁物です。

 

おすすめしたい鍋のレシピ

豆乳鍋

豆乳ダイエットが流行ってましたが、豆乳は温めても問題ないため、低カロリーな豆乳鍋を楽しめます。

 

豆乳の臭さが苦手な人でも、加熱することによって臭みが和らぐので食べやすいかと思います。味付けに味噌を入れるのも美味しさの秘訣でしょう。

 

また、無調整豆乳を使うことで湯葉を体験することもできます。

 

トマト鍋

トマトにはリコピンが入っていて、アンチエイジングにも良く、おすすめの一品です。実は、試したい鍋1位としてトマト鍋が選ばれており、今後定番な鍋料理となりそうですね!

 

トマト鍋を作る際は、スーパーなどで売られているトマト鍋の素を使うと簡単に作れるでしょう。

 

〆は、リゾットにするのが人気みたいですが、ご飯やチーズのカロリーには気を付けてください。

 

キムチ鍋

キムチ鍋は私の大好きな鍋料理です☆キムチに含まれている辛味成分のカプサイシンは、発汗作用があると言われていますので、多種類の野菜を使って、肉を控えればダイエットに繋がります。

 

私の場合、キムチ鍋の汁まで飲み干してしまうタイプなのでダイエットにはつながりませんが・・・。

 

鍋ダイエットに使いたい具材

きのこ類

きのこには免疫力アップに期待できる成分が豊富に含まれているので、きのこをたくさん食べて病気に強い体作りを目指せます。

 

白菜

鍋に白菜は定番中の定番ですね!白菜って栄養ないんじゃないの?って思いがちですが、体に必要なビタミンが豊富に入っているんです。ただ、白菜にあるビタミンは水溶性で脂に溶けやすく、汁に含まれちゃうので・・・。白菜は冬に旬なので、鍋の時期にピッタリですね♪

 

しらたき

しらたきは、低カロリーで食物繊維が豊富なので腸内をキレイにしてくれる働きに期待できます。私が鍋をするときは必ずしらたきを入れて、どの具材よりもバクバク食べてます♪しらたきをいっぱい食べれば〆のご飯は我慢できるので、今となっては定番となっています。

 

私が必ず鍋に入れる具材♪
  • 白菜
  • 春菊
  • 人参
  • 大根
  • ネギ
  • 豆腐
  • しらたき
  • きのこ類(椎茸・しめじ・えのき・舞茸)

野菜の値段にもよりますが、上の食材は必ずといっていいほど、どの鍋にも入れてます。他にも鍋によっては、ニラ、もやし、水菜、キャベツ、なめこ、海藻類なども入れます♪

 

私の場合、肉や魚は滅多にいれません!初めて鍋ダイエットをしたとき、思いっきり失敗した経験があるので・・

 

鍋に合う食材は低カロリー食品が多く、あまり考えなくても簡単に作れると思います。産後の栄養が必要な時期、鍋ダイエットはオススメです。

 

鍋ダイエットのまとめ

肉と魚

多種類の野菜を使う鍋は、栄養バランスがよく、母乳にもいい影響を与えるでしょう。

 

産後の食欲が抑えられない!という人に、鍋ダイエットはおすすめです。

 

ただ、いくら食べても太らないと言うわけではなく、肉や魚の練り物、ご飯、うどんを食べ過ぎてしまうと逆に太るので気をつけましょう。

 

なるべく多くの野菜やきのこ類を摂って、お腹が満たない時は、〆にうどんを半玉くらいが調度いいかと思います。なぜなら、鍋の汁には肉などから出た脂が含まれていて、ご飯だとほとんど吸収されてしまうためです。うどんの場合は汁を残せばいいので、お腹が満たなかった時の対応としておすすめです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



ページの先頭へ