太ももを細くする方法

太ももを細くするにはどうしたらいい?

太ももダイエット

女性が身体のパーツでもっとも痩せたい部分、第2位が「太もも」です。

 

太ももが太いままだと、

  • ジーパンがパツパツになってカッコ悪い
  • そもそもジーパンが履けなくなった
  • たるんだ太ももでスカートが履けない
  • 私生活が不便になる

など、オバサンまっしぐらです。

 

他にも、上半身は普通の体型なのに下半身だけが太いと悩む人もいるそうです。

 

実は、産後に体重を減らしただけでは妊娠前の体型に戻らないということもあるんです。

 

太ももを細くするためにはどうしたらいいのか?

 

原因から探り、あなたに合った太ももダイエットを見つけましょう。

 

 

ページ内容

 

自分の太ももの太さを理解しましょう

あなたの太ももは一般的に見て太いほうですか?

 

太ももの理想の太さ

まず、あなたの太ももが本当に太いのか考えてみましょう。

 

女性の標準的な太ももの大きさは、

 

身長(cm)×0.3=太ももの理想の太さ(cm)

 

と、言われています。
一般的な女性、身長158cmの方で、太もものサイズが47.4cmとなります。

 

あくまで目安として、また目標として考えるといいですね。

 

太ももの正しい測り方

続いて、太ももの正しい測り方です。
間違った測り方をすると誤解する可能性があります。正しく測って自分の太ももの太さを知りましょう。

 

メジャー

事前に用意するものは、メジャーです。

 

測る場所は、足の付け根から3cmくらいのところと言われていますが、太ももの一番太いところを測るといいでしょう

 

太ももが太くなる原因

太ももを細くすることも大事ですが、なぜ太くなったのかを考えておくと対策にもつながります。

 

出産後に太くなった太もも

産後、妊娠前より太ももが太くなったのは、妊娠中に赤ちゃんを守るために増えた脂肪が原因でしょう。
出産に向けて、エネルギーとして脂肪を蓄えようとするんですね。

 

妊娠中に増えた脂肪は、水分が多く燃焼しやすい流動性脂肪なのであまり気にすることはありませんが、
この脂肪を放っておくと落ちにくい脂肪へ変わってしまいますので、しっかり産後ケアを行いましょう。

 

産後痩せやすい時期

妊娠中から出産に増えた脂肪は、産後6ヶ月以内が落としやすいと言われています。

 

産後ダイエットをするなら、出産後1ヶ月目から6ヶ月以内にするのがベストといえるでしょう。

 

産後のむくみが原因

足がむくむと膨らんだ感じがして気が付きやすいのですが、慢性的なむくみだと自覚しにくいケースもあります。

 

一般的なむくみの原因

血液の流れが悪くて老廃物が溜まったり、重力によって水分が溜まること。
それから女性の方は筋肉が少ないこともあってか、冷えや疲れでリンパの流れが悪くなると、老廃物が溜まることも挙げられます。

 

産後すぐのむくみ

出産後の母体は、バランスを崩している状態にあり、母乳を作るために水分を溜め込もうとします。
その結果、むくみに繋がってしまうと言われていますので、かかりつけのお医者さんで問題ないと言われていれば今のところ気にすることはないと思います。

 

むくみを見つける方法

足首の少し上のところで、
指や小物を使って
30秒くらい押さえて、
離した時に跡がしっかり残っていれば、

 

むくんでいる可能性が高いです。

 

むくみやすい人の特徴
  • 立ち仕事、同じ姿勢が多い
  • 水分をよくとる
  • 塩分の摂りすぎ
  • 体を冷やす行為
  • 疲れがたまっている
  • 睡眠不足
  • 運動不足
むくみの改善策

むくみは、短時間で消える場合が多いように感じます。

 

よくむくむ、むくみが治らないという人は、上記で述べた「むくみやすい人の特徴」に心当たりがないか思い起こしてみてください。
(※産後すぐの方は、母乳の関係で水分をとることは仕方ないので、こまめに水分補給することが大切です。)

 

下半身だけでなく体全身がむくんでいるという方は、一度お医者さんに診てもらうことをおすすめします。

 

セルライトの蓄積

セルライトとは、脂肪と老廃物が混ざり合って出来てしまった脂肪のことです。
ボコボコと塊みたいな見た目で、燃焼されにくいのが特徴です。

 

セルライトの原因
  • 新陳代謝が悪い(代謝不良)
  • むくみによって老廃物が溜ってる
  • 高カロリーな食生活で運動不足

などの生活が続いていると、セルライトを作ってしまう原因となります。

 

セルライトは女性に現れやすい

女性は皮下脂肪が付きやすく、女性ホルモンによって脂肪や老廃物がたまりやすいのでセルライトができやすいのです。
また、セルライトは女性にしかできないとも言われています。(もちろん男性にもできます)

 

セルライトの見つけ方

セルライトは見た目からもわかるとおり、確認しやすいです。

 

進行したものだと、よく見ただけで確認できますが、
出来たばかりのセルライトは、そこになんらかの圧力をかけないと確認できません。

 

簡単に見つける方法は、
指でつまんだり、押したりして、デコボコしてないか確認しましょう。

 

つるつるしていれば問題なし、少しでもデコボコしていればそれはセルライトの可能性が大です。

 

意外にもセルライトは、気づきにくい傾向がありますので、一度確認してみるといいです。
セルライトが進行すると見た目が悪く、気づかないでスカートなど履いて露出していたら恥ずかしいです。

 

太もものセルライト解消法

固まってしまったセルライトは減量しても落ちません!

 

落としにくいのが最大の難関ですが、お金をかけずともストレッチ運動なので解消はできます。

 

ただ、時間がかかるのがネックでしょう。

 

短期間で落としたいのでしたら、我慢せずにセルライト解消グッズを検討してみたほうがいいです。

 

>>4つの電動ローラーでシェイプアップ!【次世代EMSマシン】

 

筋肉太り

その名の通り、筋肉が原因で太ももが太く見えてしまうことです。

 

過去に足の筋肉を使うスポーツをしていた方、今もしている方
高いヒールを履いてよく歩く方
などに見られると思います。

 

太ももを冷やしがちの方は、湯船に浸かるなどして下半身を温めることが大事です。

 

骨盤のゆがみ

もし産後、体重は戻ったのに太ももが細くならないという場合であれば、骨盤のゆがみが原因で太ももが太くなっている可能性が大です。

 

骨盤が正しい位置に戻っていないと、ゆがんだ骨盤に合わせて脂肪が付いてしまい
結果、下半身太りの原因になります。

 

過去に骨盤ダイエットの記事を書いたのでリンクを載せます

 

>>骨盤ダイエットの詳細はこちら

 

効率よく太ももダイエットをするには

自力でも太ももを細くすることは可能ですが、時間がかかるというのがデメリットとして大きいです。

 

急いでいて、即効性のある太もも痩せを希望するなら、迷わずダイエットグッズを買うのも一つの手です。

 

高額のエステやジムがあるなか、自宅でも簡単に使える
手のひらサイズのダイエットマシンはあります。

 

しかし問題は、数多くある商品の中で
どれが一番使いやすいか?
一番効率がいいのはどれか?
というところです。

 

そこで、効率的に求めるなら短期間でエクササイズができるボディケアマシーン「ボニック」がおすすめです。

 

初回限定980円で、EMS+超音波のWパワーを体験できます。

 

3回以上の継続が必要な定期コースですが、結果を出すなら3ヶ月以上の期間が必要になりますので問題ないと思います。

 

もし、短期間で太もも痩せをしたくて、マシンをお探しの方でしたら、Wパワーのボニックをおすすめします。

 

>>超音波&EMSのWパワーでボディメイク!≫ボニック

スポンサーリンク

スポンサーリンク



ページの先頭へ